オフィスデザインは家具からネットワークまでを考えて

店舗デザインにこだわって素敵でオシャレな店舗を持つことができても、そこで働く人達のことも考えたオフィスデザインもとても大事です。
表向きがどんなに良く洗練されたデザインでも、裏のオフィススペースが汚く煩雑であると、そこで働く人の意欲も低下してしまいます。

裏方がいるからこそ、経営すべてが成り立っていくのです。
一日その場所で働く人にとってオフィスデザインは重要ポイントです。

快適な職場があってこそ働く意欲も湧いてきます。

店舗デザイン
こちらでは、このようなオフィスで働きたいというデザインがたくさん見られます。

機能的な机の配置、長時間座っていても疲れない椅子、デスクワークに集中できるパテーションの設置など、
まるでテレビドラマの中で見るオシャレなデザインを、実際に取り入れているお店や企業もたくさんあるのです。

オシャレで機能性を持ち合わせたオフィス家具は、ただその場所に置かれているだけでなく、業務がスムーズにできるように配置されています。
このような配置が社内ネットワークも円滑にするのです。

こちらをご覧ください。
居抜き物件 東京

配置をすべて残したままの物件も数多くあります。
東京は、お店や企業が多い分、経営難で閉鎖に追い込まれることも多いです。

処分や解体にかかる費用を抑えようと、今まで使っていた家具をそのままにして物件を明け渡すお店や企業も多いのです。

物販店の店舗デザイン

店舗のデザインはお店を成功させるためにもかなり重要なファクターです。

例えば和食を提供していながら、バーのような内装のお店ではなんだかちぐはぐな場合もありますし、

アジアンな内装なのに和菓子を置いていたり、
パティスリーなのに清潔感のないカラーだったり、

そういうお店にお金を払いたいと思うでしょうか?

大抵のかたは2度目の来店はないのではないかと思います。

そんなことにならないためにも、お店の内装というのはきちんとプランをたてて、デザインを決定しておく必要があります。

飲食店に限らず雑貨やアクセサリなどおしゃれさが大切なものを販売するお店のデザインというのもまた難しいもの。

商品をよりよく見せるための内装も、細かいものだけに、飲食店などとは違い店内に施すところも多くなります。

ですがレイアウトがびしっときまっていると、それだけでもおしゃれでいいものを置いているように見せることもできますから、ここはかなり重要。

そんな時に頼りになるのが専門のデザイン会社にお願いするということなんです。
もちろん、コンセプトや希望を伝えた上で、それに極力沿うように、よりよいデザインを出してもらう、ということも可能ですから、臆さず相談されてみるのがよいかと思います。

雑貨やアクセサリーなど物販の店舗のデザインを多数手がけている企業も多くありますので、
そうした企業の知識や経験、センスを味方によりよいお店づくりをしていただければと思います。

店舗デザイン

サロンデザイン 東京

店舗用地、そして店舗内装選びは業種を問わず大切な要素です。商品やサービスが求める地域の条件もありますし、人工密度や周辺の店舗の密度、業種別の件数等多角的な分析が大事になってきます。

また最近は居抜き物件が熱い注目を浴びています。不況の中でもショップを出店したい場合、コストを抑えたい、できるだけ早く回収したい、ランニングコストももちろん、、コスト削減が重要な要素になってきます。

※居抜きは簡単に言えば内装付き店舗物件のことですが、一体どこからが居抜きになるのでしょう?

床や天井、壁、そして厨房やトイレなどは主要な設備に入りますが、これらの設備が残ったまま、水道や電気が運転できれば看板を設置するだけで即効で開店できるタイプとも言えます。また物件によってはこのうち部分的に残っています、というタイプもあります。つまり一部居抜きもあります。最適なスタートを切るためには、あいまいな部分も全て踏まえておかなければなりません。

飲食店の専用居抜きもプロがまとめて面倒を見ます!

居抜き 飲食店

立地に即したイメージづくりが大切!東京都内の内装工事、デザインなら! 店舗内装 東京

ユーザーがくつろげる、豊かな気持ちで楽しめる空間をつくること、サロンデザインでは様々な細部に心を尽くすことが大切です!音響デザインから換気、臭気等の流れにも配慮し、落ち着いた雰囲気、大胆なレイアウト等、様々な観点から選べるのが理想です。

サロンデザイン 東京